財布はお金の家です。



「お金が貯まるお財布」の要点から。大前提としてあるのは、
「財布はお金の家である」という考えです。
つまり、お金にとって居心地のいい家=お財布をつくりあげる、
というのがポイント。
居心地がいい家なら、そこにいる人はいつまでも住み続けたいと思いますよね。

では、お金にとって居心地のいい財布とは、
いったいどんな財布なのでしょうか。

・形

お札を折らずに入れられる長財布がベストです。狭い部屋より、
広々として足を伸ばせる部屋の方が過ごしやすいですよね。
財布を開いたときに、
お札がどれだけ入ってるかパッと分かりやすいのも大きなポイント。

・色

目的によって変わってきますが、
お金が出て行くのを防いで、堅実に過ごしたいなら茶色や黒。
お金をたくさん呼び込みたいなら金や黄色がオススメです。
逆に、赤や派手な柄物は、気が大きくなってつい浪費しがちに。
お金がどんどん出ていってしまうので、避けたいところです。

・中身

財布の中はこまめに整理して、お札の向きや並びはなるべくそろえましょう。
いらないポイントカードやレシートでパンパンの財布はゴミ屋敷と一緒、居心地悪いことこの上なし。
また、財布の中身が把握できていないと、
自分がいまいくらお金を持ってるかわからなくなります。
いつのまにかポイントカードの期限が来て使えなくなったり……その結果、
お金がどんどん逃げていきます。

【その他にもこんなジンクスが】

また、財布を買うとき、自分よりお金持ちの人に見立てて買ってもらうと、
金運が上がるといったジンクスも。
そんな人にお財布をプレゼントしてもらえたらそりゃあラッキーですが、
現実的に考えると難しいもの。
なので、財布を買いに行くとき、お金持ちの知り合いについてきてもらって、
レジでの会計だけを頼みあとで代金を渡す……という方法を取る人もいるみたいです。

もちろん気に入った物を使うことが大切ですが、
金運をアップさせたいなあと思うなら、
上のポイントを財布選びに取り入れてみてくださいね。

2019年財布の使い始めには寅の日がおすすめ

開運財布 ≪使い始め≫



12日ごとに巡ってくる寅の日が吉日とされています。

寅は「千里を行って千里を帰る」ことから俊敏な力を持つとされていて、
寅の日に財布を買ったり使い始めると
「使ったお金がすぐに戻ってくる」とか「お金を招いてくれる」と
されていて金運アップが期待できる日。

また黄色でシマ模様の虎は金運の象徴でもあるので、
ゲン担いで寅の日に財布を新調する人も多いと言われています。

吉日の中でも一番金運に縁があるのが寅の日なので、
宝くじの購入もおすすめですよ。

2019年の虎の日は次の通りです。
2019年の寅の日

1月 5(土)17(木)29日(火)
2月 10(日)22日(金)
3月 6(水)18(月)30(土)
4月 11(木)23(火)
5月 5(日)17(金)29(水)
6月 10(月)22(土)
7月 4(木)16(火)28(日)
8月 9(金)21(水)
9月 2(月)14(土)26(木)
10月 8(火)20(日)
11月 1(金)13(水)25(月)
12月 7日(土)19日(木)31日(火)


財布を使い始める時間帯は夜

次は財布を使い始める時間帯についてもチェックしていきましょう。

風水の考え方からすると、財布の使い始めで最もおすすめな時間帯は、

17:00?23:00の6時間です。

この時間帯は陰陽五行の考え方で「金」の時間=金運アップに効果的な時間帯。

夜にゆっくりと古い財布から新しい財布にお金やカード類を移し替えるといいですね。

ちなみに最も財布を使い始める時間帯として適さないのは、

風水の考え方では 「火」に当たる11:00?13:00の2時間。

この時間帯は避けておいたほうが無難かと思います。

日にちや時間帯にこだわって金運アップを目指しましょう!

あなたを幸せにする財布

開運財布のやるべき金運アップ方法!

「本当に効果があるの?」と思われるかもしれませんが、

実際にやってみて収入が増えた方法ですので参考にどうぞ。


種銭を入れる


財布を使い始める前にすること1つ目は種銭を入れることです。

種銭とは文字通り「お金のタネ」になるもので、
入れて置くことで種銭がお金を呼び込んでくれると言われています。

つまり財布を使い始める前に種銭を入れることで、
種銭がお金を呼び込んでくれるというもの。

種銭の例としては、

・ピカピカの5円玉

・銭洗弁天で洗った小銭やお札

・ピン札の1万円

・1万円札を折って1億円札を作る

・1万円札の通し番号の末尾が9と5の数字


などがあります。

 

 



≪最強の白蛇金運財布とは?≫



それにしても白蛇様の御利益の云われは多いですよね。
全国で言われている白蛇様の言い伝え、口コミ、伝承などを少しまとめてみました。


白蛇のいわれその1「お金が貯まる」

シロヘビは、幸福の神として,、又弁天様のお使い姫で商売繁盛の神、
金運の開ける神として崇拝されています。
九星では四緑木星にあたります。
蛇は巳ですから金局三合(巳、酉、丑)となり財運を表します。
家相で家の中心から見て巳(東南)、酉(西)、丑(東北)の所に欠けがない(その部分が外に出ている)状況。
また蛇は水神の化身とされており、水でお金を洗うと良いと言われています。
四緑木星には「巽に斎(いつ・く)う」という言葉があり財布の中にお金が居着くというのです。 
更に白には「気」を浄化する働きがあり日々の生活でたまった毒素を、きれ いに洗い流してくれと言われています。
風水学においても白は黄色に並んで金運財運アップの色とされています。

白蛇のいわれその2「勝負運を上昇させる」

以前にこのお財布を買って、万馬券が当ったという情報が30件以上寄せられたことがあります。
中にはそのお金で高級外車を購入した話もいただきました。
パチンコ月間トータル10ヶ月負け無しの情報や息子が空手の試合で、
近畿大会を制覇したという情報もいただいています。
とにかく勝負運上昇の情報が多いのが白蛇財布なのです。

白蛇のいわれその3「無病息災に効果あり」

蛇が家に住み付くと金運や財運が良くなると昔よりいわれています。
これは、元々蛇がねずみなどの害獣を駆除することから、
家で蛇を見かけた時むやみに追い出したりしてはいけないと言うことなのですが、
山口県岩国市では白蛇が家に住み着くと、福運金運、家内安全、無病息災になると言われ、
神の化身として又弁財天(弁天)様からの贈り物として崇め奉られています。

白蛇のいわれその4.巳様とお金は古来から深い関係があるとされています。

それは、蛇が農作物の天敵「ネズミ」を食すことから穀物の神となり、
ひいては財運の神とされ、神社仏閣で古くから祀られるようになりました。
蛇の居つく家は財運があるといわれ、そこに住む者はお金に困らないといわれています。
これらのことから、蛇の財布はお金が巳に付き(身に付き)お金が出て行かず貯まるのだといわれています。

宇治三室戸寺

京都府宇治市にある寺院。
ここに狛犬の代わりとして祀られているのが宇賀神。
宇賀神は人頭蛇身(頭が神で体が蛇)の神であり、
古来から穀霊神(田畑の神様)・福徳神として民間で信仰されていたことから、
作物の豊作=富の象徴となり現在にいたります。
この神社でも財運・金運の象徴として、
宇賀神を撫でると財運がつくといわれ、
たくさんの参拝者でにぎわっております。
特に巳年には例年以上の参拝者が訪れるとのことです。

大神神社

大神神社の主祭神でおられる大物主大神は日本書紀にも蛇神として記され、
その化身である白蛇が棲むことから名付けられた御神木「巳の神杉(みのかみすぎ)」があります。
日本書紀編纂の太古から日本人の意識の中では、白蛇が神に順ずる存在であったことが伺えます。

シロヘビは、幸福の神として、

又弁天様のお使い姫で商売繁盛の神、金運の開ける神として崇拝されています。
蛇は巳ですから金局三合(巳、酉、丑)となり財運を表します。
また蛇は水神の化身とされており、水でお金を洗うと良いと言われています。
四緑木星には「巽に斎(いつ・く)う」という言葉があり財布の中にお金が居着くというのです。 
更に白には「気」を浄化する働きがあり日々の生活でたまった毒素を、
きれいに洗い流してくれと言われています。
風水学においても白は黄色に並んで金運財運アップの色とされています。

蛇が家に住み付くと金運や財運が良くなると昔よりいわれています。

これは、元々蛇がねずみなどの害獣を駆除することから、
家で蛇を見かけた時むやみに追い出したりしてはいけないと言うことなのですが、
山口県岩国市では白蛇が家に住み着くと、
福運金運、家内安全、無病息災になると言われ、
神の化身として又弁財天(弁天)様からの贈り物として崇め奉られています。


≪開運財布に入っていますか?≫



お金って寂しがりやです。

だからある所にどんどん寄ってきます。

大切なのはイメージです。

大切なことは、あなた自身に

潜在意識を植え付けることです。